理学療法士学生が就活で気を付けたこと

大学生活

理学療法士の皆さん。特に、実習を終えた方へ。

次は卒論・国試もそうですが、卒業後の進路についても向き合う時期ですね。

その時代でのトレンドもあるかもしれませんが、僕がどのように決めたか、参考になればと思い書いていきます。

読んでほしい方

これから就活する方

就職したものの、想像と違うな~と悩んでいる方

ポイントは見学の数と自分の理想とのマッチ度合いです。

就活を始めたのはいつから?

僕の学校は最終学年の7月に実習が終わるため、その後から始めました。

8・9月に応募締め切りの場所もありましたが、「ちゃんと見て決めたい!」という気持ちがあったので、焦ってエントリーということはしませんでした。

ただ、実習中に応募・面接のあるケースもあります。

ですので、就活自体の意識は、最終学年に入るころには持っていた方がいいでしょう。

見学時にしていたこと

リハ科のトップと話した印象

リハ科の規模感にもよりますが、上司との関係ってめちゃくちゃ大事です。

チームで動く仕事が多いので、働き始めてから、

私は、この人に相談できるか?

という視点はもって話しをしてみるといいです。

実際に解決できるかはさておき、気軽に相談できるかも大事に思います。

リハ室全体の雰囲気

見学中のスタッフさんと患者さんとのやり取りの様子や、施設全体の雰囲気を感じましょう。

僕が最初にお世話になった職場は、リハ室に活気があり、患者さんと笑顔のみられる場面も多かったことを覚えています。

逆に、見学した中で、「あくまで仕事なので…」という淡々とした感じの職場は、自分には合ってないと感じて応募をやめました。

その職場に入ったらできそうなこと、難しそうなこと

ほぼ毎日を過ごし、繰り返すことで、自分のなりたい姿に近づくのか?という点も大事です。

もちろん、プライベートも含めてです。

僕の友人で、休日の過ごし方にまで上司の介入があり、結果的にPTとして働くのをやめた人もいます。

その職場の特徴

どんな疾患の方が多くくるか、ということよりも、組織の中の特徴を聞けたら聞いてみましょう。

例えば、総合病院だとして、疾患で分けずに均等に割り振りする病院もあれば、脳外科・整形外科・呼吸器科外科など、ある程度分けて、一定の期間でローテーションするなど状況により様々です。

前者であれば、時期的な偏りなくスキルアップできるでしょうし、後者であれば、集中して学びやすいという特徴があります。

たくさん見学できるのはこの時だけ!

就職してから、休みの日に別の施設を見学するということは、ほとんどありません。

こんな感じの施設なんだ…と身をもって体験できるのは、この就活時期が一番です!

卒論・国試などの準備や、友達と遊びたい気持ちも十分に分かります。

しかし、こればっかりはこのタイミングだけですので、なるべく多く見ておいて損はないです!

※学校により規定があるようなことも知ったので、念のため通う学校に確認はいるかもしれません。

NG:数字だけ見て決めない

紙面だけで見える条件面のみで決めると、こんなはずじゃなかったということになりかねません。

例え、もうここしかない!となっても1度見学させてもらい、それでもここだ!となる方がよいです。

すべての人にいい職場なんてない

隣の芝は青く見えるなんて言葉もありますし、どうせならいい職場で働きたい。そんな思いは誰だって自然に思うことです。

しかし、好きな食べ物、時間の過ごし方などが一人ひとり違うように、自分の求めるものが何か?があいまいだと、いざ始まってから何か違ったとなってしまいます。

自分が求めるものをある程度明確に

見学する時にきをつけていたことは↑でまとめました。

この自分がどうしたいかについては以下もご参考ください。

新年の抱負を考える「前」にしておきたいこと

そして、参考程度ですが、僕自身の経緯も描いてみます

自分の場合

養成校のあった北陸に残るか、地元関東に戻るか

非常に悩みましたが、北陸に残ることを決めました。

理由は

  • 一人暮らしを継続したかった
  • 通っていた学校の図書館を利用することができる場所なら、実習のように困りごとを調べ、解決できる!

と感じたことが強かったです。また、一度また自宅近くに戻ったら、もう外でがんばる!という気持ちをなくしてしまうのでは?という不安も少しあったように思います。

理学療法士としてどんな経験を積みたいか

元々はスポーツトレーナーを目指していたこともあり、スポーツ整形に特化したクリニックで働きたいと思っていたのですが、実習で学んだリスク管理や、担当した高齢の方へのリハビリテーションをもっと実践できる力をつけたい!と感じたので、総合病院のように特定の分野にならない病院で働きたいと感じました。

言いなりは嫌だ!ならどうする?

自分の性格の問題ですが、特定の手技や、上司の指示に絶対服従!みたいな職場は続かないか、トラブルを起こすのではないかと思ってました。

なので、組織としてトップがしばらく変わってないような、いわゆる「重鎮」がいるかは気にしました。

職場と住まいの関係

僕の通った養成校は、金沢市という北陸の中では都会にあたる部分で、

なんとなくですがもう少し田舎がいいなと思い、金沢市外で、通おうと思ったら金沢(養成校)に行けるとこがいいなとなりました。

労務体系※

平日に動く楽しみもあったので、休みがどんな感じなのか?はどの職場でも確認していました。

ただ、これは僕の場合社会情勢の変化などで変わる場合もあります。

僕の場合、日が固定+水曜と土曜の午後という決まった状態から、365日の中での変動制となりました。

そもそも自分の家庭の在り方もシフトしていくので、柔軟な対応ができそうか。くらいでいいかもです。

おわりに

いかがでしたか?地元にもどるか、何系の病院で働くか?

色々な悩みはあるかと思います。何か参考になればうれしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました