楽しく結果を出す臨床に必須!「効果判定」のやり方

からだづくり

はじめに

臨床に出て、中々担当の方がよくならない。自分がしていることはあっているのかという悩みありませんか?

僕はすご~~く悩みました。
先輩が担当した方がよくなるのでは?みたいに思うこともありました。
「メニューに目的をちゃんともって」
「研究でなくとも、臨床でも効果的かは評価しなさい」と教えてもらったのですが、そこらへんをスマホからでもヒント得てもらえたらと思って書いてます。

 

※1年目の新人PT「Y子」(右)と、10年目「K太」(左)のやりとりです。※

先輩、明日の担当変更、よろしくお願いします。今のメニューこんな感じです。

 

ありがとう。…(突っ込みたい点が色々あるけど、どこから聞こうか)1点だけ、質問してもいい?

 

どうぞ

結構メニューが多い気がするんだけど、このつま先あげって、どんな目的?

それは、この方躓いて転倒繰り返しされているので、つま先あげやすくするために、やってます。CMさんからも、転倒予防で訪問リハ入ってって言われているので。

(お!目的はあってメニュー組めてるんだね)効果判定はできてる?

(え?知らないワード出てきた)んー、できてないです。というか、効果判定って何ですか?

自分のやっていることがしっかり効果に出ているかを確認する作業だよ

んー、できてないと思います。話ずれるかもですが、私PTとしてちゃんと仕事できてるか、悩んでます。

確かに、効果判定ができてないと、何してるか、本当にこれでいいのか、不安ばかり増えるかもしれないね。ちょうどこのつま先あげの効果判定としてもうちょっと話して大丈夫?

 

(今日はもう帰りたかったけど、PTのこと話する機会あんまりないし、まぁいいか)大丈夫です。

つま先あげを今は、椅子に座って・セラピストが抵抗かけて20回してるんだよね?つま先があがらない理由ってどう考えているの?

え?上がらない理由ですか?可動域はあるから、筋力の問題かなって。

MMTは?

…4です。

なるほど。歩いている時はつま先あがってないの?

全く上がってない訳ではないんですけど、初期接地が足底全面になってしまっています。

なるほどー。それは、このメニュー後に改善してるの?これが、効果判定になるかな。

んー…変わってないと思います。じゃ、やっても意味ないってことですか?

もし、つま先あげして、その歩き方が変わるはず!って仮説なら、プログラムの再検討はいるよね。その前にさ、つま先は、立ってる時にあがる?

え!?評価できてないです。

今、Y子さんが問題点にしている「つま先があがらないことで躓く」の対策として、座っての筋トレをしてるよね。でも、座っての鍛えたことが、歩くっていう動作でも変化あるかは、判断しにくいんだよ。

歩くには、他にもバランス・運動パターンとかの影響もあるしですか?

鋭い!そういうこと。
僕らがよく課題として依頼される歩行、バランス、基本動作とかの課題は、いろんな要素が組み合わさっての結果でできるものだから、筋トレした効果がちゃんと反映されるかは、もう少し別の段階で確認するというのもありだよ。

まずは、座って鍛えたものが、歩く前の立った時に反映できているかの確認ですね。
そういわれると、確かに問題点と、やっていることのつながりをはっきりできていないことに気づきました。でも、先輩方も似たようなメニューしてるし、何で良くならないのだろうってモヤモヤしてました。

リハで担当する方が、皆よくなる訳ではないけど、受け手が効果を実感できるほどの変化じゃない場合は、セラピストがしっかりやったことが、目標につながっているかを確認する必要はあるよね。
文献にあった・エビデンスがあるとかで妄信するのは危険だよ。その方に、今適応できるメニューなのかは、担当セラピストがしっかり診る必要はあるよ。

 

私が悩んでた一個、解決しそうです。休み明け、またやってみます。
あ、そういえば、メニューいっぱいっていうのも、何かまずいですかね?

 

多分、Y子さんは、躓き多いこの方に対して、つま先あげる筋肉だけでなくて、他にも気になる部分あったしメニュー組んでいると思うんだけど、あんまりいっぱいだと効果判定がしにくいのかなって。

ちょっと分かってないかも、です。

これはまた次回にしようか。

まとめ

メニューのしっぱなしだと、ゴール(達成目標に対して)順調か、プログラム変更の必要あるかがぼやけてしまい、やってるけど、なんだかこれでいいのか?という状況になりやすいです。

「自分で決めたプログラムをすると、こうなる」という部分をクリアにして、実施し、どうだったかを確認することが大切です。それが期待通りでない場合は、

・量が足りない
・効果判定するレベルが違う(他の要素が混じりすぎて判断しにくい)
・仮説(△△なのは、〇〇だからという部分)が間違っている

がよくあります。これ自体は、やってみるまで、セラピストも、患者さんも分からなかったことが、1つ分かったので、悪い訳ではありません。闇雲にプラン継続より、余程いいかと思います。

何か臨床のヒントになったら、幸いです。

※似たような悩みなどあれば、気軽に質問ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました