本を読む際に気を付けていること

書籍

はじめに

あなたは、本は読みますか?

メリットを感じない?
時間がない?
活字を見て吐き気がする?
色々あるかと思いますが、僕はとても読書をお勧めするので、

・本を読みたいけど中々実行できてないない

・メリットを知りたい

といった方は、そのまま読み進めていただけると嬉しいです。

本を読むメリットは?

そもそも、本読むの苦手、別に読まなくても生きていける。

昔は僕もそうでした。でも、もったいない!

本を読むメリットは

一番は「身近な人以外から成長のチャンス・気づきをもらえる」ことだと思っています。

最近は動画もありますが、動画のなかった時代

そうです。すでに亡くなられている方から

その時代の見方や、考え方を共有してもらえます。

また、その方が著名人だとしてTVやブログで出している内容よりも、

深く書いてあることも多いです。

価値を払った(本を買った、本を読む時間を払った)人にしか出していない情報もあります。

学生が終わっても、人生で困ることはずーっとあります。

残念ですが笑

ただ、ありがたいことに、同じように悩んで、クリアしてきた先輩もたくさんおり、

本を読むことで、その知恵をいただけます。

居酒屋で飲んで、その場はすっきりすることもあるかと思います。

でも、解決しましたか?^^;

コミュニケーション不足の時くらいで、その他は一時的に悩みを別にしただけだったりしませんか。

本を買うことに抵抗のある方がまずできること

住んでいる町の図書館を活用することもおススメです。

僕は今まで住んでいた町の全てで図書館活用していましたが、

結構新しいの本もありますし、雑誌も最新号を読めます。

コンビニで立ち読みより、よほど堂々と読めますよ笑

読破するよりも大切なこと

本を買った・借りたら、

そこから自分が得たいことは何か?

を想像して、1つでも手に入れればOK!くらいで読むと良いです。

一言一句覚えるようとして、挫折してしまうのはもったいないです。

(少しでも中身が見れるとき)買う前に確認したいこと

ネットでのレビューもありますが、読んでいる人の感情に左右されやすいため

僕は以下のことを注意しています。

目次があるか

小説などでない場合、たいてい目次があります。

場合によっては、目次で内容を思い出せたり、要点がまとまっていたり

事例の紹介なのか、主張の根拠なのか、こんなときはどうするというQ&Aなのか

などがわかります。

作者のプロフィール

他にも本を出しているか、出しているならどんな本か

その方の経験や強みが活かされた本なのか。

というあたりも、ちょっと高額で買うのをためらう場合は考えます。

僕は理学療法士としての専門書(1万円以上するものもある)を買う場合に、この作戦をよく使います。

信頼・尊敬する人のおススメ

レビューではないのですが、実際に会っている、あるいはブログなどでもこの人の考え方素敵だな~と感じる人がいます。

僕の場合、そういう方はほぼ読書で自分をアップグレードし続けており

そんな人のおススメだと、とりあえず読んでみたくなります。

それをメモして、図書館に走ったり笑

それでも活字は苦手な人には

耳から学ぶ!という方法もあります。

現在、Amazonが提供するオーディブル、無料登録キャンペーン中です。

詳しくは↓をクリック

まとめ

本を読むことで、人生の多くの悩み事を解決するヒントをもらえます。

読破はできずとも、参考にしたい部分を選んで読むようにしていくことで

より読む力がついていきます。

いかがでしたでょうか?参考になれば、幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました